不妊に効く妊娠しやすくなる漢方

漢方薬は、生薬(しょうやく)を使っているので、効果が出にくいとおもわれがちですが、適切に使用すれば非常に効果的です。
生薬とは薬効成分を含む天然の植物、動物、鉱物などのを用いた薬のことです。
この生薬を組み合わせることで、おおきな作用がうまれるのです。

漢方薬は個人差に応じて

漢方では、個人差に応じて処方を選びます。その診断のもとになるのが、「証」という身体の抵抗力の状態で、「虚証」、「実証」、「中間証」などに分類されます。

虚証
体力、精気がなく、消極的なタイプ。胃腸が弱く、冷え症、弱々しくやせた人。

実証
体力、精気が充実しているタイプ。肥満、体格のがっしりした人で、病気の勢いも強い。

不妊症に使われる主な漢方薬

当帰苓薬散
冷え症、貧血、疲れやすい、比較的体力がない、やせ型の人に。生理不順、生理痛などの症状を改善。

桂枝挟苓丸
当帰石薬散と反対に、しっかりとした体型で体力のある人に。下腹部痛がある、血行不良によるめまい、冷え、のぼせなどの場合。生理不順、生理痛などの症状を改善。

加味遁遥散
虚弱体質で、精神不安定、不眠、眉こりなどの症状がある人に。月経困難症、生理不順、自立神経失調症などの症状を改善。

桃核承気湯
桂枝扶苓丸を用いる人よりもさらにがっちりしたタイプで、のぼせ、便秘気味の人に。月経困難症、精神不安、腰痛などの症状に。

四物湯
顔色が悪く、貧血気味、冷え性の人に。生理不順、自立神経失調症などの症状に。

温経湯
全体的にやや虚弱体質、皮虐や唇が乾燥しやすく、手足のほてりが気になる人に。生理不順、神経症などの症状を改善。

男性に効果的な漢方薬

八昧地黄丸
下半身の脱力感や冷え、全身倦怠感に。精力増強、勃起不全などの症状にも。

補中益気湯
低血圧、全体的に疲れやすく食欲がない、精力減退などの症状に。

●漢方薬は専門医に相談して
身体にやさしく、効き目もおだやかで、安心して飲める漢方薬。しかし、その調剤は症状によって一人ひとり微妙にちがうもの
「わたしはこれ」と勝手な判断で服用せず、専門薬局に相談して調剤してもらうようにしましょう。また、現在不妊治療を受けている人は、医師に相談してから服用するようにしましょう。