妊娠出来ないからといって諦めていませんか?

「こんなにがんばっているのに、なんで赤ちゃんができないの?」と、思いつめてはいませんか?
妊娠のためにいいことならひと通りやってみた、熱心に治療にもとり組んできた、でも妊娠しない。

周囲からの期待を感じれば感じるほど、焦りやいらだち、悲しみは大きくなるばかり。しかし、そのことが、知らず知らずプレヅシャーとなり、心身のストレスとなってはいないでしょうか。

よく「これ以上やってもだめだと子どもをあきらめたら、自然妊娠した」とか、「転勤して住居が変わったとたんに妊娠した」などという話を聞きます。いったいなぜでしょう?

人間の心と体は深く結びついています。心に強いストレスがあるとその害は身体にまで及び、体調がおかしくなることもあるのです。その反対に、悩みごともなく、心の調子がよければ、身体の調子もよくなるものなのです。

赤ちゃんを望むが故のストレスが、さらに赤ちゃんをできにくくさせることもあります。そんなときこそ初心に戻り、パートナーとともに生きていける幸せを思い出してみましょう。周りの人は全然関係ありません。

2人の絆が強ければ、前向きに、力を合わせてとり組んでいけるはずです。

●診察時の「つきそい」
診察のとき、患者さんの他に友人、親、姑などがつき添ってくるケースがよくあります。けれど病気というものは本来自分自身の問題です。治療や結果に他人が口出しをするようになると、後々ストレスの原因となることが多いもの。通院はなるべくひとりか、夫婦のみで行うようにしましょう。

不妊ストレスをためなしために

周りを気にしない

自分より後に結婚したのに先に妊娠した、親(義理の親)から孫をせつつかれるなど、あせってもよいことはないと開き直り、周囲を気にしない強い心を持ちましょう!

仲間をみつけよう

同じ悩みを持つ人たちと話しましょう。
気持ちがわかりあえるだけでなく、検査や治療についての意見交換ができてよいとの話も。

●不妊は劣等生ではない
不妊原因が自分にあると知って、「女性失格」「男性失格」と気分が滅入るのも、しかたのないことかもしれません。しかし、妊娠とはもともと「授かりもの」な
のです。医療技術も進歩しています。医師も全力で協力します。ですから患者さん自身も自信を持って治療に臨んでください。